賃貸 堺 たかなしさんではない。 2016年08月
たかはしさんが日常を垂れ流すよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by たかはし
 
[スポンサー広告
ゴジラ備忘録
お盆休みも今日で終わり、台風が今夜から関東に接近するのではという感じの夕方19時です。
今年のお盆はなにをしたって、ゴジラを4回見てました。
ファゴット吹いたり、実家に弾丸帰省したりもしたんですが、ゴジラのインパクトがすごい。
4回見た感想?疑問?を連ねたいと思います。ネタバレありです。
シン・ゴジラ、ゴジラの絡むシーンはおおよそ3つのシーンでできていて、
①ゴジラ出現と上陸、離岸(ゴジラ第1・2・3形態)30分
②ゴジラ再上陸と停止(ゴジラ第4形態)20分
③ヤシオリ作戦15分
という感じです。
3つの間に会議室でのわちゃわちゃシーンが入るわけです。
疑問①
上陸の可能性があります→可能性はありません→すでに自重を支えているのでは
という会話の流れ、尾頭さんと文科省大臣だったと思うんだけど、
大臣が尾頭さんのほうをにらむんですよね。
あの角度、にらんでいるのは尾頭さんだと思うんだけど、なぜでしょうか。
単純にうちの学者の意見を一課長補佐の分際で否定しやがって、ということなんでしょうか。
その段階ではまだ蒲田上陸の連絡は来ていないので(この直後来るけど)してやられた、という感じではないと思うんですよね。
疑問②
ゴジラ第2形態は這っているのかどうなのか。
みんな這っているっていうけど、これすでに2足歩行してませんか?
かなり前傾姿勢にはなっているけど、胸あたりは地面についていないと思うんだよね。
ここから第3形態に移行して、すぐにまた第2形態に戻って(退化して)海へ走っていくんだけど、
そのシーンを見てもちゃんと走っていると思うんですよね。
疑問③
冷えてないんだ、発言の後のカットはなんの暗示ですか?
ゴジラが第3形態、つまり2本足で立ったあとなぜ東京湾へ戻ったのか議論するときに、
准教授がゴジラ体内の原子炉を冷やす必要があるからだ、というんだけど、
その時に保守第一党のメンバーの役職?も書かれたボードのようなものが一瞬映るんです。
このカットをここに挟むのは何なんだろうなと。
うろ覚えだけど、これは2回目の上陸前のシーンだから内閣メンバーはまだみんな生存しているんですよ。
もしかして色分けにも意味があるのかもしれないけど、いまいひとつ不明です。
疑問④
尻尾に人型が出始めるのはいつだったのか。
いろいろな考察を見ると、あのしっぽの人型こそがゴジラ第5形態なのではっていうのが多いんだけど、
いつからあの形かなと思って一生懸命見てました。
蒲田上陸の時はちょっと平べったいようで、先端に毛というか指というか、そんな感じのがついていました。
で、再上陸の時にはいわゆるゴーヤみたいな尻尾になっているんです。
よくパンフレットでもみるやつですね。
で、活動再開したあたり、パンフレットでも確認できるけど無人在来線爆弾のときはまだゴーヤなんです。
完全に沈黙してから矢口さんとカヨコ特使が話すまでどれくらい時間がたったかわからないけど、
完全に沈黙したあとに形状が変化することはないと思うんですよね。
よく言う内閣総辞職ビームのあと、暗闇で尻尾がカチャッていうカットあって、
そういうところで進化の予感を感じさせてはいたのかなとは思いますが、いまいちピンとこないと思うです。
疑問⑤
結局ゴジラはなんなのか。
DOEの結論は古代からの生物が放射能に耐性を持つように進化した生物だそうです。
いろいろな人の考察を見ると牧教授なのでは、というのも意見として多いなと思います。
たぶん、使用済み核燃料の投棄場所はもっと日本から遠いはず、どこかの国の経済水域内に捨てることはまずないと思います。
で、最初にゴジラがアクアラインあたりに出現したときの海域をヘリで哨戒しています。
このとき、海面が赤く染まっているのって1部分だけなんですよね。
上陸後の様子を見てもこの赤い血のようなものってゴジラの体液、もしくは進化の際の不要物だと思うんです。
海に核燃料捨てていたのは50年前くらいまででしょうか。
その後50年間放射性に耐性を持つよう進化し生きてきた生物がなぜ、あの地点で進化をし始めたのか。
ただ、DOEが核燃料を食料とする生物の存在をつかんでいたことは事実なので、
牧教授が持つ何かと50年生きていたその生物が反応して進化を促した、という感じのでしょうか。
無害化する研究をしていた→新しく生み出すことも可能
という尾頭さんのセリフもあります。
もともとゴジラ体内の放射線は既存のものと一致していたが、牧教授のなにかと組み合わさったことで
新元素として発達、ゴジラの体にも進化というかたちで反映され、あれだけの攻撃力に至ったという感じはどうだろうか。
牧教授の船の地図の印がなんなのかきちんと見れてないし、一緒においてあった本がなにかもわからないので、
もっとヒントはあるかもしれませんがこんなこともあるかもしれない。
いろいろ考えるのは楽しいですね。
とまぁわからないこともたくさんあるんですが、いつか解決するといいな。
DVD買ってみよう。
難しい話はさておき、単純な感想はすごくよかった、これに尽きてしまうんです。
もともと会議室でわちゃわちゃやってるようなものがアニメ実写問わず大好きなので
賢い人たちが賢そうな会話をしているとワクワクします。
それでいて、疎開する際の中央道の様子のシーンは何度見ても東日本大震災を思い出すし、
原爆の写真も効果的に表現されているように思えました。
あと2回くらいは見たいなと思います。
新宿の爆音放送行きたかったなぁ。
おわり
どうでも良さげな余談その①
イージス駆逐艦ヒューイがミサイルぶっ放すシーン、なにかの動画の流用だよね?
なんかすごい既視感あるんだけど何で見たのかわからない。。
その②
すごい、まるで進化だ
っていうあたりで流れてるBGM、
低音でバリバリやってるのはトロンボーンか木低、もっといえばコントラファゴットか。
サントラも買わなければ。
スポンサーサイト
Posted by たかはし
comment:0  
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。