賃貸 堺 たかなしさんではない。
たかはしさんが日常を垂れ流すよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by たかはし
 
[スポンサー広告
怒り 見てきました。
映画を見ました。
殺人犯が1年も逃走中、そんなときに東京・千葉・沖縄にそれぞれ身元不明の男が現れ、
現地の人々と信頼関係を築いていく。
が、ふとしたことから殺人犯に似ているのではと疑心暗鬼にかられ
信じることができなくなっていく、信じてあげられなかった、今度こそ信じていく。
そんな感じでしょうか。
何度か映画館へ足を運ぶ中、ずっと気になっていた映画でした。
妻夫木聡と綾野剛がゲイの役で、予告でもばっちりやってしまっていたので、
その辺も気になりつつでしたが、見終わって思うのは、千葉のストーリーをもっと見ていたかったということでした。
3人の不審者?がそれぞれ殺人犯と似たような特徴を持っていて、
それに気づいて今までの信頼感がふっと消え失せる瞬間があって、印象深かったです。
特に、千葉・沖縄の話では不審者と、それを信じたいヒロイン、その様子に危うさを感じる第三者、
という描かれ方がはっきりしていて、だからこそ犯人が分かった後のヒロインの行動に納得感が感じられました。
◆東京
なんか、共感できるものが少なかった。
ほかのストーリーに比べると、ゲイであること以外は特筆すべきことがないような。
それでも、その役作りがただただすごいので、それはそれであり。
でも最後、警察から電話が来て知りませんの一点張りだったの、ほんとに後悔してるだろうなあってただただ悲しさしかない。
◆千葉
この話が一番好きでした。
本当かウソか最後まで分からないのですが、逃亡の理由があって、それでも一緒にいたいっていう気持ち。
ヤナギモトコウシロウって誰っていうのだけ疑問でした。
◆沖縄
たつやくんクソって途中まで思っていました。
でも、最後にはああまあそうねってなってしまうあたり語彙が足りない
ちょいちょい小出しで捜査本部のやり取りが入って、
ほくろが、、利き手は、、顔写真はこれで、、っていうのを見るたびに
あ、この人が犯人かって思うのですが、それが七転八倒で。
犯人が分かっているところでもう一回見たら印象変わるのだろうなと思います。
でも女の子への乱暴シーンとかあったので、もう一度見に行く気にはなれないかな。
テレビでやったら見ますが、そのシーンも東京のSEXシーンもなかなかきわどいのでテレビでやる日は来るのでしょうか。
【信じてたから許せなかった】
って最後にセリフがあるんですが、
この話、不審者3人とも、疑われるようなことはしていないんですよね。
どこから来たんだろう、仕事は何しているんだろうって、ちょっと不思議には思われてますが。
顔が似てるとか、ほくろがとか、周囲の人が勝手に疑っているだけで、
それまでは周囲の人と本当に仲良くやっているようにみえるんです。
仲良く=信じているではないと思いますが。
勝手に信じて、勝手に疑って、勝手に謝る。
ちょっと物悲しい気分になってしまう映画でした。
怒り、というタイトルの意味はまとまりません。ここからさらにネタバレ
ポット出てきた傷害の現行犯の話だと、憐れまれたことに対する怒りなんでしょう。
でも、それだと沖縄に怒りという文字を書いたのは何に対する怒りなのか。
少女が暴行されたことをウケるという言葉で表現しているのでそこではないでしょう。
勝手に信じやがってこのやろうってことなのか。
いっそ少年の沖縄男への怒りという解釈で、怒りは連鎖する、くらいのほうがすっきりするのですがそうでもありません。
母をみとれなかった怒り
恋人を疑ったまま別れてしまった怒り
娘の幸せを信じられなかった怒り
ほかにもいろいろ登場人物は思っているでしょうが、
結局のところはわからないままです。
スポンサーサイト
Posted by たかはし
comment:0  
[浅いところ
ゴジラ備忘録
お盆休みも今日で終わり、台風が今夜から関東に接近するのではという感じの夕方19時です。
今年のお盆はなにをしたって、ゴジラを4回見てました。
ファゴット吹いたり、実家に弾丸帰省したりもしたんですが、ゴジラのインパクトがすごい。
4回見た感想?疑問?を連ねたいと思います。ネタバレありです。
シン・ゴジラ、ゴジラの絡むシーンはおおよそ3つのシーンでできていて、
①ゴジラ出現と上陸、離岸(ゴジラ第1・2・3形態)30分
②ゴジラ再上陸と停止(ゴジラ第4形態)20分
③ヤシオリ作戦15分
という感じです。
3つの間に会議室でのわちゃわちゃシーンが入るわけです。
疑問①
上陸の可能性があります→可能性はありません→すでに自重を支えているのでは
という会話の流れ、尾頭さんと文科省大臣だったと思うんだけど、
大臣が尾頭さんのほうをにらむんですよね。
あの角度、にらんでいるのは尾頭さんだと思うんだけど、なぜでしょうか。
単純にうちの学者の意見を一課長補佐の分際で否定しやがって、ということなんでしょうか。
その段階ではまだ蒲田上陸の連絡は来ていないので(この直後来るけど)してやられた、という感じではないと思うんですよね。
疑問②
ゴジラ第2形態は這っているのかどうなのか。
みんな這っているっていうけど、これすでに2足歩行してませんか?
かなり前傾姿勢にはなっているけど、胸あたりは地面についていないと思うんだよね。
ここから第3形態に移行して、すぐにまた第2形態に戻って(退化して)海へ走っていくんだけど、
そのシーンを見てもちゃんと走っていると思うんですよね。
疑問③
冷えてないんだ、発言の後のカットはなんの暗示ですか?
ゴジラが第3形態、つまり2本足で立ったあとなぜ東京湾へ戻ったのか議論するときに、
准教授がゴジラ体内の原子炉を冷やす必要があるからだ、というんだけど、
その時に保守第一党のメンバーの役職?も書かれたボードのようなものが一瞬映るんです。
このカットをここに挟むのは何なんだろうなと。
うろ覚えだけど、これは2回目の上陸前のシーンだから内閣メンバーはまだみんな生存しているんですよ。
もしかして色分けにも意味があるのかもしれないけど、いまいひとつ不明です。
疑問④
尻尾に人型が出始めるのはいつだったのか。
いろいろな考察を見ると、あのしっぽの人型こそがゴジラ第5形態なのではっていうのが多いんだけど、
いつからあの形かなと思って一生懸命見てました。
蒲田上陸の時はちょっと平べったいようで、先端に毛というか指というか、そんな感じのがついていました。
で、再上陸の時にはいわゆるゴーヤみたいな尻尾になっているんです。
よくパンフレットでもみるやつですね。
で、活動再開したあたり、パンフレットでも確認できるけど無人在来線爆弾のときはまだゴーヤなんです。
完全に沈黙してから矢口さんとカヨコ特使が話すまでどれくらい時間がたったかわからないけど、
完全に沈黙したあとに形状が変化することはないと思うんですよね。
よく言う内閣総辞職ビームのあと、暗闇で尻尾がカチャッていうカットあって、
そういうところで進化の予感を感じさせてはいたのかなとは思いますが、いまいちピンとこないと思うです。
疑問⑤
結局ゴジラはなんなのか。
DOEの結論は古代からの生物が放射能に耐性を持つように進化した生物だそうです。
いろいろな人の考察を見ると牧教授なのでは、というのも意見として多いなと思います。
たぶん、使用済み核燃料の投棄場所はもっと日本から遠いはず、どこかの国の経済水域内に捨てることはまずないと思います。
で、最初にゴジラがアクアラインあたりに出現したときの海域をヘリで哨戒しています。
このとき、海面が赤く染まっているのって1部分だけなんですよね。
上陸後の様子を見てもこの赤い血のようなものってゴジラの体液、もしくは進化の際の不要物だと思うんです。
海に核燃料捨てていたのは50年前くらいまででしょうか。
その後50年間放射性に耐性を持つよう進化し生きてきた生物がなぜ、あの地点で進化をし始めたのか。
ただ、DOEが核燃料を食料とする生物の存在をつかんでいたことは事実なので、
牧教授が持つ何かと50年生きていたその生物が反応して進化を促した、という感じのでしょうか。
無害化する研究をしていた→新しく生み出すことも可能
という尾頭さんのセリフもあります。
もともとゴジラ体内の放射線は既存のものと一致していたが、牧教授のなにかと組み合わさったことで
新元素として発達、ゴジラの体にも進化というかたちで反映され、あれだけの攻撃力に至ったという感じはどうだろうか。
牧教授の船の地図の印がなんなのかきちんと見れてないし、一緒においてあった本がなにかもわからないので、
もっとヒントはあるかもしれませんがこんなこともあるかもしれない。
いろいろ考えるのは楽しいですね。
とまぁわからないこともたくさんあるんですが、いつか解決するといいな。
DVD買ってみよう。
難しい話はさておき、単純な感想はすごくよかった、これに尽きてしまうんです。
もともと会議室でわちゃわちゃやってるようなものがアニメ実写問わず大好きなので
賢い人たちが賢そうな会話をしているとワクワクします。
それでいて、疎開する際の中央道の様子のシーンは何度見ても東日本大震災を思い出すし、
原爆の写真も効果的に表現されているように思えました。
あと2回くらいは見たいなと思います。
新宿の爆音放送行きたかったなぁ。
おわり
どうでも良さげな余談その①
イージス駆逐艦ヒューイがミサイルぶっ放すシーン、なにかの動画の流用だよね?
なんかすごい既視感あるんだけど何で見たのかわからない。。
その②
すごい、まるで進化だ
っていうあたりで流れてるBGM、
低音でバリバリやってるのはトロンボーンか木低、もっといえばコントラファゴットか。
サントラも買わなければ。
Posted by たかはし
comment:0  
[未分類
続 ファゴット記念日
というわけで、8月11日山の日、ついに今度こそファゴット買ってきました。
事前に電話しておいてアドラーの楽器を3本試奏させてもらい決めてきました。

パっとみの第一印象は手前の2本でした。
なんとなく全部吹いてみて、吹いてみても手前2本が良いのは変わらず。
店員さんによると、真ん中のはトラ柄がはっきり出ててこういうのは人気なんだそう。
真ん中のはまとまりがあるかんじ、手前のは思った以上に響く音ってかんじの印象で一致しました。
悩んだんですが、最終的に手前の楽器に決めてリード2つ、ボーカル2つ、リードケースやら何やらいろいろつけてもらってお買い上げでした。
ケースだけ違うのが欲しいとお願いして金管みたいなのを買いました。

思ったよりコンパクトでトランペットみたい。ホルンと並べるとこんなかんじ。

ほんとに、優しい店員さんにたくさん教えてもらってありがたい限りでした。
11時からお店でたのが15時頃かな。
つきっきりで面倒見てもらえました。
ありがとうJDR。
10年憧れた楽器が今ここにって思うとほんと、社会人すごい。
たくさん練習して、そのうちお披露目したいなぁ。
楽器買ったその足で大学の友達と水族館に行ったのでそこではばれました。
Posted by たかはし
comment:0  
[未分類
ファゴット試奏した件について
遅くなりましたが、7月の30日に日本ダブルリード株式会社さんへファゴットを吹きに行きました。
前日飲み会だし天気は良すぎるしで最悪のコンディションでもなんとか到着。
3本用意しておいてもらいました。
奥から60万、80万、90万くらいな感じ。
営業員の方がそれぞれのメーカーの特徴とか色々教えてくださり、運指も教えてもらいぱらーっと2オクターブくらい。
やっぱりいいなーと思いながら1時間ちょっと教えてもらいました。
ローンについても教えてもらい、今回はカタログや見積もりをいただいて帰りました。
そして!11日山の日に買いに行くことにしました。
楽器も、それこそ価格にしても、いろいろなお店覗いたほうがいいのはわかる。
でも、正直やっとドレミが吹けるくらい、キーのフィット具合くらいしかわからないから懇切丁寧に教えてくれた経験者の営業員さんに色々聞きながらするのが結局1番いい気がするんだよね。
決して安いお店ではないけど、あの営業員さんが言うならいいものなんだろう。
やっぱりものはヒトから買いたい、そう思うのでした。
ケースだけ、フォックスのコンパクトケースにしてくれたら本当に嬉しいって思う。
トランペットみたいな形のやつ、かっこいいなぁー。
縦置きできるのすごい魅力的。
Posted by たかはし
comment:0  
[未分類
ファゴットについて
このあいだのファゴットはなかなかしんどいものだったので早々に手放しました。
しかし一度手にした手前、はじめたい欲が収まらない!
ということで日本ダブルリード株式会社さんへ試奏希望の電話をしてみました。
予算とかは、、?
特にそこまでも考えてはいないんですが
ピンキリなのでね、
入門クラスだと60万、その上で90万くらい。そのあたりから3本くらい用意しておきます
中古とかでもかまわないんですぅ、、
みたいな流れでした。
ほんとはもっと親切丁寧に対応していただけました。
ホルン、、、売る???
20万くらいになるなら売って資金の足しにするのも全然ありだと思うんだけど、よくて10万くらいと思うとそれももったいない。
いやいや、やっぱり先輩たちと選んだ思い入れのある楽器そんな簡単に手放せない。
となると、現実的に出せるのってせいぜい60位、本音言えば40くらいでなんとかなりませんかって感じ
なめてんのかって感じだけど。
でも、ローンだなんだで60のやつ買うのではってすごく思ってる。
まだ吹いてもないけどね。
60のが日本のメーカーのだと悩むけど、海外メーカーで60あるのなら買ってしまうと思う。
ホルンでそうだったんけど日本のメーカーは自分に合わない刷り込みが激しい。
吹いてみないとわかんないけどね。
頭痛いけど、今週1週間それを楽しみにして頑張ろう。
Posted by たかはし
comment:0  
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。